常に人手不足なので食いっぱぐれない!!

長距離ドライバーの需要

必要なものが必要な人たちへ行き渡るには物流がスムーズであることは大切です。特に日本の物流は陸路が大半をしめているため、長距離ドライバーの役割は大変大きなものとなっています。また近年ではドライバーの求人は絶えることがなく、食いっぱぐれのない職業であるといえますがその一方で人手不足も叫ばれているのです。長距離ドライバーは片道300キロメートル以上の場所に荷物を届け、到着後には荷下ろしをしたり帰路に荷物を搬入し再び運ぶこともあります。また運ぶものも多岐にわたり食品や日用品などのほかに、私たちの生活を支えるありとあらゆるものが関係していることがわかります。また通信販売の需要の高まりによる荷物の増加もその一つといえます。

働きかたと持つべき資格

長距離ドライバーの雇用形態はどのようになっているのか気になりますよね。各企業により異なりますが例えば正社員や契約社員、アルバイトなどの働きかたがあるほか、雇用形態により福利厚生や勤務形態なども変化していきます。歩合制よりも月給制を採用している場合が多くボーナスや退職金などの支給がある場合もありますが、採用される際には確認をすることをおすすめします。長距離ドライバーというと男性が多く就く職業、というイメージを抱く人が多いのですが性別の制限はありません。大型自動車運転免許や中型自動車運転免許を取得している人、また荷下ろしなどに必要なフォークリフトや牽引免許も合わせて持っていると有利であるといえます。

仕事の種類が多いことからドライバーの募集は多岐にわたっています。トラックやタクシーなど色々なタイプのものから選ぶことが可能です。