歩合制の会社ならガッツリ稼ぐも無理せず働くも自由

休日や深夜を中心に働くと稼げる

サラリーマンは固定給の割合が高くて仕事をしたからと言って給料も上がるわけではありません。歩合制の割合が高いタクシードライバーの仕事であれば働き方によっては給料アップが期待できるので転職するといいかも知れません。ただしただたくさん乗車していれば稼げるわけではなく、稼ぎたいのであれば稼げる日や時間を選ぶのが大事になるでしょう。稼ぎやすい時間は長距離のお客さんが多くなる時間で、平日であれば夕方から深夜を経て早朝までが該当します。そして土日であれば日中でも観光客の需要のあるところなら稼ぎやすくなるようです。タクシードライバーでも会社に所属するときは働ける時間は限られているので、うまく稼げる時間を選ぶと良いかも知れません。

サラリーマンに似た働き方も可能

車の運転が好きな人や上からの指示を受けて仕事をするのが嫌な人ならタクシードライバーが向いていそうです。タクシードライバーと言えば日中に走ったり深夜に走ったりと勤務時間がバラバラになるイメージがありますが、タクシー会社によっては働き方を選べるところがあります。これまでサラリーマンをしていた人が転職してタクシードライバーになるのであればまずはサラリーマンに似た働き方をしてみると良いでしょう。平日のみの勤務で朝に出勤をして夕方まで勤務するスタイルになります。都市部であれば仕事をしている人などを乗せられますし、無線などの指示を受ければそれなりの仕事はこなせるでしょう。給料は驚くほどたくさんもらえませんが、体への負担はそれほどかかりません。

運転業の求人に応募するには運転免許が必要です。しかし、普通免許さえあれば入社してから他の免許を取れるのが一般的です。