入念な企業選びでブラック企業を回避しよう

求人広告の内容に問題のある所は避ける

ブラック企業に多く見られる特徴として、求人広告の内容が不自然なことが挙げられます。現実的にあり得ない高待遇だったり、記述が抽象的で分かりにくいなどの点が見受けられるのが特徴です。特に待遇については同業他社と比較すると不自然さがより一層判別しやすくなります。長距離ドライバーの仕事は高収入なイメージがありますが、拘束時間や扱う物品によっては必ずしも高収入とは限りません。仕事内容に見合わない高額な収入を謳う所は非常に過酷な職場環境の可能性があります。また、仕事内容や収入などの具体的な記述がほぼ皆無で、委細面談の形を取る求人も避けるのが賢明です。そのような所は口約束で雇用契約を成立させてしまい、後になってから安易に変更する可能性があります。

面接時の対応も企業の良し悪しを見分けるポイント

多くのブラック企業は面接時に判別できるとされています。面接はその企業に必要な人材であるかを見極める場であると同時に、企業にとってのイメージアップの場でもあります。面接を経験した求職者は将来の顧客になる可能性もあるので、まっとうな企業であればそこで誤った応対はしません。しかし、ブラック企業は市場での評判よりも自分たちの面子や自尊心を優先する傾向にあります。求職者に対して高圧的な態度を取ったり、あからさまに侮辱するような物言いをすることで優越感を持とうとする所はブラック企業と言えるでしょう。また、履歴書をまともに読まない、求職者の私生活に関する事柄を探ろうとする、同業他社の悪口を言うのもブラック企業の面接にありがちです。

ドライバーの転職の際にはいくつかポイントがあります。歩合制や基本給といった給与形態であり、福利厚生などです。また、交通事故の際のペナルティーや保障も重要です。